遺伝子検査(がん・肥満他)
ホーム  >  遺伝子検査(がん・肥満他)

がんの超早期発見とがんの発生予防に取り組んでいます

がん細胞が見つかる大きさになる前に成長を防ぐ事が大事です。
これまで、がんの診断は目に見える大きさに成長したがん細胞を視認する形で行われてきました。そうなってからでは、がんの治療は主に手術・放射線治療・抗がん剤の投与に頼ることになります。
こうした一般的ながん治療では、からだに大きな負担が強いられます。また、がん治療後も再発の不安を感じる方は多くいます。
がん遺伝子検査は、まだごく小さながん細胞でも、血液を調べることでがんにかかるリスクがどの程度のものなのかを分析することができます。
がんになる前の超早期がんリスク評価を可能とし、がんを未然に予防するチャンスを与えてくれます。
がん治療後においても、「再発に向かっているのか」「改善されつつあるのか」、再発予防管理が可能となります。

がん遺伝子検査について

がん遺伝子とは?

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、がん超早期診断を可能にします。また、目に見えない「がんリスク」を顕著化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。

がん検査と他検査との比較
腫瘍マーカーとの違い

従来の腫瘍マーカーが血液中に放出されたがん組織由来のタンパク質などを抗体により判定するのに対し、当院のがん遺伝子検査はがん組織由来の核酸(DNAやRNA)を遺伝子解析技術を用いて検出します。腫瘍マーカーががんの種類や状態によっては検出されない場合があるのと同様に、当院のがん遺伝子検査でも検出不可能ながんが存在する可能性もあります。従って、がん遺伝子検査は従来の腫瘍マーカーに置き換わる検査ではなく、相互に補充しあう検査であるといえます。

一般の遺伝子検査との違い

現在、一般に行われている生活習慣病に対する遺伝子検査の多くは、親から子へ受け継がれた先天的な遺伝形質を調べる検査です。一方、当院の「がん遺伝子検査」は、日々の生活の中で後天的に変化している“現在の”遺伝子の状態を検査します。従って当院の「がん遺伝子検査」の検査結果は、加齢や生活習慣、自己の免疫力の状態、がんの治癒状態により変化します。当院の「がん遺伝子検査」は、定期的に検査をして自己のがんリスクの変化を知り、がんに対する予防行動に役立てることで最も効果を発揮します。

当院のがん検査「CanTect検査」の4つの目的

目的1. 超早期リスク評価ができます
画像診断や内視鏡検査では確認できない、ごく小さながん細胞(5mm以下)でも、がん細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA、RNA)等を解析し、細胞レベルの“ごく小さながん細胞”の存在リスクを評価します。これにより、超早期リスク評価が可能になります。

目的2. 予防管理
画像診断や内視鏡検査では確認できない“ごく小さながん細胞”の存在リスク、あるいは遺伝子変異による“発がんリスク”の評価などを継続的に行い、一人ひとりの体質や生活習慣に合った最適な予防管理指導を実現します。

目的3. 再発防止管理
画像診断では追跡できないがん治療後の“ごく小さながん細胞”による“がん再発リスク”を評価します。がん治療後、「がん再発にむかって進行しているのか」、「改善されつつあるのか」をリスク評価し、一人ひとりの状態に合った再発防止指導を行います。

目的4. 安全性
検査に要するのは約20ml程の血液のみです。他の画像診断のような放射線被爆や強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はありません。

脳梗塞リスクマーカーについて

芦屋グランデクリニックでは脳梗塞リスクマーカーを実施しています。

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、がん超早期診断を可能にします。また、目に見えない「がんリスク」を顕著化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。

脳梗塞リスクマーカーとは

(株)アミンファーマ研究所の五十嵐一衛代表取締役社長らが、無症候性脳梗塞とアクロレインおよび2種類の炎症性マーカー(インターロイキン-6、CRP)との相関について、千葉大学医学部付属病院および千葉市内の複数の医療機関と協力して臨床研究を実施、約800例の解析結果、無症候性脳梗塞を40代以上では85%、50代以上では90%の確率で検出することに成功しました。
本検査は、かくれ脳梗塞または無症候性脳梗塞といわれる自覚症状がないがない小さな脳梗塞を見つけるバイオマーカーです。

◇無症候性脳梗塞(かくれ脳梗塞)を血液検査で高率に発見
◇脳ドックを受ける前のスクリーニング検査として

変形性関節症治療イメージ

健常者と無症候性脳梗塞群における脳梗塞
リスク値の分布

・こんな方におすすめします
○脳の健康が気になる方
○50歳以上の方
○血圧が高めな方
○糖尿病、高脂血症の方
○喫煙者
※本検査は脳梗塞リスクに関する情報を提供するものであり、脳梗塞を診断するものではありません。

肥満遺伝子検査について

肥満遺伝子とは?

“肥満遺伝子”とは、遺伝子異常のために、基礎代謝で使われるエネルギー量が減少し、体重をコントロールして肥満を防ぐという本来の働きができなくなっている遺伝子のことです。
『これまで数々のダイエットに挑戦してきたけど思うように痩せられなかった』
『いくつになっても健康的でスリムな身体でいたい』
という方におすすめなのが芦屋グランデクリニックの『肥満遺伝子検査』です。

変形性関節症治療イメージ
肥満遺伝子検査でわかること

食事制限で痩せるにはその方によって違う制限すべきものを把握する必要があります。
それをわけるのが皆様の遺伝子の中にある肥満遺伝子という遺伝子です。 肥満遺伝子には主に
・りんご型
・梨洋ナシ型
・バナナ型
・トイレマークアダムイヴ型 の4種類がありそれぞれ脂肪のつき方、控えたほうが良い成分が異なります。

りんご型
内臓脂肪が付きやすく、お腹まわりに脂肪がつきます。
日本人の約34%がこのりんご型だと言われています。
糖質の代謝が苦手で、糖質で太る傾向にあります。糖質で太るので糖質の摂取を減らし、お腹周りの脂肪を減らすために腹筋運動などお腹の運動を行ないましょう。
梨洋ナシ型
皮下脂肪が付きやすく、下半身に脂肪がつきます。
日本人の約25%が洋ナシ型だと言われています。
脂肪の代謝が苦手で脂質で太る傾向にあります。脂の多い食事を減らし、下半身の脂肪を減らすために
下半身の運動を行ないましょう。
バナナ型
全体的に細長く関節が目立ち筋肉が付きにくいうえに落ちやすく、太るのが困難な「逆肥満遺伝子」とも言われる体質です。
日本人の約16%がバナナ型だといわれています。
代謝が落ちる30代半ばくらいから脂肪がつきやすく、太りにくい反面、1度太るともっとも痩せづらい傾向にあります。
タンパク質が筋肉になりにくい体質なので、出来るだけ高タンパクな食事を心がけましょう。
トイレマークアダムイヴ型
遺伝子的に太っているわけではなく、生活習慣に問題があり太っている傾向です。
遺伝子に問題がないタイプなので一番バランスの取れた良いタイプだと言えます。
食事を制限し摂取カロリーを押さえて、運動を行い筋肉を付けて消費カロリーを増加させましょう。 この様に主に分けられる4つの遺伝子型にはそれぞれの強い特徴があります。 健康的にダイエットを試みるには、これらを把握することが不可欠です。

検査方法

検査方法は口腔粘膜を微量に採取させていただき、約二週間後に結果がわかります。
痛みなどは一切ありません。

ダイエットをお考えの方、健康が気になる方は検査をおすすめします。

毛髪ミネラル検査について

毛髪ミネラル検査とは?

毛髪から体内のミネラル成分を測定する最新の予防医学検査で、現在アメリカでは医師一万人以上が体内栄養素分析の指針として活用しています。この検査で体内のミネラルバランスや、有害金属による汚染などを把握することができます。
毛髪は、中国では「血の余り」と呼ばれるように、ホメオスタシス(体内恒常性)の作用を受けることのない血中成分の排泄物で構成され、血液や尿よりも体内のミネラルバランスを正確に投影します。血液や尿の検査では測定が難しい微量有害金属の測定も毛髪検査により可能となりました。自分自身の栄養状態を正しく理解し、欠乏や過剰となる栄養素について対処することは、代謝機能の正常化を素早く回復し、体力・自然治癒力・抵抗力の強化につながります。

毛髪ミネラル検査でわかること

毛髪ミネラル検査からわかることは以下のことです。

・有害ミネラルの蓄積度
・必須ミネラルの過不足
・身体の傾向(疲労・ストレス・抜け毛・アレルギーなど)
・補う必要のある栄養素
・それら栄養素を含む食事の献立

その分析結果を元にした個別カウンセリング(受検者は無料で受けられます。)も行っております。

毛髪ミネラル検査はこんな方にお勧めします。

・好き嫌いの多いお子様
・受動喫煙のあるお子様
・お子様の諸問題(キレる、多動症、注意力欠如、自閉傾向 等)が気になる方
・アトピー性皮膚炎で悩んでいる方・サプリメントの効果を確認したい方
・自分の身体に必要なサプリメントを知りたい方
・妊娠している、または妊娠を考えている方
・忙しくて人間ドックを受けることができない方
・美容(身体の中からキレイになる)に興味のある方
・疲労・ストレスを感じている方
・アンチエイジング(抗加齢)に関心がある方
・生活習慣病(肥満・糖尿病・高血圧 等)の予防に関心がある方

ガン遺伝子検査
151,200円(税込)
脳梗塞リスクマーカー
10,800円(税込)
毛髪ミネラル検査
12,960円(税込)
肥満遺伝子検査
12,960円(税込)
■生理検査
事前面談
5,400円(税込)
HBCCフルシークエンス
248,400円(税込)
PAGETOP